蓄電池業界のコミュニティ
業界コミュニティ
10
 ===================
 CLEANTECH OPEN JAPAN 2013 開催!
 ===================
 
 平素は格別のお引立に預かり厚く御礼申しあげます。
 
 このたび、CLEANTECH OPEN JAPAN実行委員会は、下記のとおりイベント "CLEANTECH OPEN JAPAN 2013" を開催いたします。
 
 (Cleantech/クリーンテックとは:再生可能エネルギー、省エネ、水、廃棄物、ICTなどの環境関連技術)
 
 イベント内におけるポスターセッション(ポスター無料展示企画)として、クリーンテックビジネスを行っている企業を50社限定で募集いたします。
 
 ポスターセッション参加企業には、交流会へも優先的にご参加頂けます。ビジネスの広報・交流の機会としてご活用いただければと存じます。ぜひご応募いただきますようご案内申し上げます。
 
 【イベント概要】
 日時:平成25年10月23日午前10時から(ブースは23-25日)
 場所:パシフィコ横浜(Smart City Week 2013会場内)
 来場者数:展示会に3万人、カンファレンスに300人見込み
 詳細は事務局HP(http://www.cleangreenforum.com/ctoj2013/)をご覧ください。
 
 【効果】
 「投資家とのマッチング」官民の投資家・支援者との交流の機会
 「顧客とのマッチング」アジア諸都市の首長らが来場予定
 「メディア露出の増加」主催者の関係メディアに取り上げられる機会の獲得
 
 【応募方法】
 《ポスターセッション》
 Web(http://www.cleangreenforum.com/ctoj2013/)の応募フォームからご応募いただくか、メールにて
 ・社名
 ・部署名
 ・担当者名
 ・連絡先(住所/電話番号/FAX/メールアドレス等)
 ・Webサイト
 ・新製品、新プロジェクトなどアピールしたい点
 を明記のうえ、CLEANTECH OPEN JAPAN実行委員会(事務局:CLEAN GREEN FORUM JAPAN株式会社内)までお送りください。
 
 《交流レセプション》
 Web(http://cleantech-open-japan-2013.peatix.com/)の応募フォームからご応募いただくか、メールにて
 ・社名
 ・部署名
 ・担当者名
 ・連絡先(住所/電話番号/FAX/メールアドレス等)
 を明記のうえ、CLEANTECH OPEN JAPAN実行委員会(事務局:CLEAN GREEN FORUM JAPAN株式会社内)までお送りください。
 ---
 Eメール:ctoj2013@cleangreenforum.com
 --- 
韓国企業は、次の産業育成として国全体で再エネなどのエネルギーデバイスに出てきましたが、あまり上手く行っていないようです。

一時はすごく競争力があるように見えたLG化学の車載用リチウムイオン電池事業も上手く行っていないようです。

大型投資を繰り返して価格競争力を付けるという半導体やFPDの成功事例をそのままエネルギー産業に適用しようとしたのが間違いのような気がします。
エネルギー産業は複雑なバリューチェーンになっていますので、デバイスそのものでは収益が出ない構造にもなり得ます。
太陽光に「オールイン」した韓国大手企業、グループ全体が解体の憂き目に | Joongang Ilbo | 中央日報
韓国内の主な企業もやはり何年か前から新事業を探しに乗り出た。ところが革新の方向が類似していた。大多数企業の新事業は2009年李明博(イ・ミョンバク)政府が提示した緑色技術・先端融合産業・高付加..
材料もセル構造、製造装置、ターゲットアプリも違うものを一緒にして勝算があるのでしょうか?
Http___parts.nikkei.jp_parts_ds_images_common_st_nikkei_r1_20101003_1
ソニー、革新機構と電池売却交渉  :日本経済新聞
 ソニーが政府系ファンドの産業革新機構と電池事業の売却交渉に入ったことが21日分かった。ソニーの電池事業を巡っては、EMS(電子機器の受託製造サービス)最大手の台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業なども関心
トヨタがBMWと共同でリチウム空気電池を開発するようです。

現在のEVはリチウムイオン電池ですが、iMiEVやリーフを見てもわかるとおり、明らかに走行距離がガソリン車と見劣りして利便性が悪いという弱点があります。

過去数十年間にわたって
鉛蓄電池⇒ニッカド電池⇒ニッケル水素電池
それぞれの時代でEVが流行したタイミングがありましたが、結局は電池性能がボトルネックとなって普及しませんでした。
今回はリチウムイオン電池でEVを普及させようと各社・国ががんばっていますが、ひょっとしたら既存の電池では普及は難しいかもしれませんね。

となるとEVの本格普及には新規の電池開発を待つ必要があるかもしれません。
もちろん限定された用途では現在のEVも十分使えますが、対ガソリン車ではまだまだということでしょうか。
Http___jp.reuters.com_resources_images_logo_reuters_media_jp
トヨタと独BMWがリチウム空気電池を共同研究、資本提携は否定| ビジネスニュース| Reuters
[東京 24日 ロイター] トヨタ自動車<7203.T>と独BMW<BMWG.DE>は24日、次世代環境技術における提携の一環として「リチウム空気電池」を共同研究すると発表した。リチ
本日、緊急着陸したANAのB787も、LIBが原因であったようです。

航空機の部品認証は非常に厳格に行っていますので、故障が頻発すること自体が非常に不思議です。

とはいっても故障が起きてしまった以上は言い訳はできません。
問題は、飛行機だけでなく、自動車、定置用など大型のLIB全体に波及して、さらに日本製品全体への信頼性まで落としかねません。

いち早い原因究明と再発防止を望みます。
Http___i.yimg.jp_images_news_facebook_news_facebook_76x76
バッテリー変色し故障=米国日航機ぼやと同製品—全日空787型機の緊急着陸・高松 (時事通信) - Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュース(時事通信) -  全日本空輸692便の最新鋭旅客機ボーイング787型機(乗客乗員137人)が高松空港に緊
アメリカと日本の違いを感じるニュースです。
Http___jp.reuters.com_resources_images_logo_reuters_media_jp
オバマ政権、EV向け電池開発支援で新プロジェクト創設| テクノロジーニュース| Reuters
[ワシントン 30日 ロイター] 米政府は30日、低価格の電気自動車(EV)向け電池開発を目的とする1億2000万ドル規模の研究プロジェクトを創設すると発表した。研究拠点には、アルゴンヌ国立研究所を中心とする国立研究所5カ所、
「税込42円」という固定価格買取制度には、カッコつきで(最低3年間は継続)とありますが、年度ごとに見直されることになってますよね。
2~3ヶ月前まで(制度開始直後)の業界内の風潮では「42円は高すぎるので、来年3月に見直されてしまうのでは」という声が強かった気がしますが(あくまで私見です)、最近同じことを何人かの人(SIさんや販売店さん)に聞きますと「来年の3月に変わることなんてない」という声も強まっている気がします。
かといえば、同じ業界人で、税込か抜きかはわかりませんが「36円まで落ちる」(ソース不明)なんて断言する人もいました。

もちろん、公式発表はされていませんので「わからない」が正解でしょうが、業界の皆さんはどのように予測しますでしょうか。
もしくは皆さんの周囲ではどのような意見が多いでしょうか。
(お客様から聞かれてどのようにお応えしてますか?)

見解も含めて参考にさせていただけませんか。
A123が完全に破綻プロセスに入ったようで、中国に引き続き、自動車用蓄電池をJohnson Contorolに売却するようです。売却額は100億円以上。
一時的世界でも注目され、今後の拡大が期待されたメーカーですが、ここまで寿命が短いとは思ってませんでした
Http___www.greentechmedia.com_images_sized_content_images_articles_a123_2mw_acu1-310x200
A123 Files for Bankruptcy : Greentech Media
Lithium-ion battery maker gives up the ghost, to sell auto business to Johnson Controls.
東芝とホンダが組むのは最初「?」と思いましたが、

東芝
・スマートメータ(ランディスギア)
・空調等家電全般
・リチウムイオン電池
・PVインバータ
・燃料電池

ホンダ
・CIGS太陽電池
・エコウィル(ガスエンジンコジェネ)
・EV(VtoH用)

など、結構補完関係がありますね。
こういう業種の垣根を越えた関係構築が今後重要になると思います。
Http___parts.nikkei.jp_parts_ds_images_common_st_nikkei_r1_20101003_1
ホンダと東芝、スマートハウス実証事業  :日本経済新聞
 ホンダと東芝は21日、スマートハウス(次世代省エネ住宅)の実証実験で協力すると発表した。ホンダが2012年4月からさいたま市で実証している住宅に、東芝のエネルギー管理システムの技術を適用し、エネルギ
パネルが盗まれるという事件も出てきているようです。野だて案件も増加傾向ですから、今後こうした事件は増えていくと思います。損害保険なのか防犯設備なのか、防御策を考えたいところです。
Http___sankei.jp.msn.com_smp_images_common_basic_logo_msnsankei
「太陽光パネル盗んだ疑い 静岡の男を再逮捕」:MSN産経ニュース
 長野県警阿南署は3日、工事現場で太陽光パネルなどを盗んだとして、窃盗の疑いで浜松市西区大山町、自称建設業、橋本康宏容疑者(47)=別の窃盗罪で起訴=を再逮捕し…
業界の所属ユーザー
業界コミュニティーメニュー

Topics

Pick Upトピックス