Btn_contact_s

Btn_file

当社技術『Optical Learning』は、レンズの設計データから学習させることによって、無収差に復元する究極の収差補正技術です。

製品・サービスの登録業界

この登録製品に関する強み(技術・製品リソース)

1.レンズのあらゆる収差、減光やMTFによる歪みやぼけを復元

2.学習型処理のため高精度、人手では不可能だった収差まで復元

3.プロ用Codec(画像圧縮技術)並みの画質(SN基準)を実現

製品・サービスの特長

◇広角レンズや魚眼レンズ、内視鏡などのあらゆる収差、減光やMTFによる歪みやぼけを復元。

つまり、あらゆるカメラを無収差にすることが出来ます。また、信号処理で収差を補正できるため、レンズの設計負荷を低減できるため、レンズの小型化やコストダウンにもつながります。

◇学習型処理のため高精度。人手を介しての試験や調整が不要。

レンズの設計データから光学シミュレーションを行い、その結果を学習することにより、画像の位置に対応した辞書を生成。その辞書を使って無収差に復元します。

◇プロ用Codec(画像圧縮技術)並みの画質(SN基準)を実現。

元画像があるため、PSNRによる評価が可能です。約40dBと高SNを実現、プロ用codec並みの画質を実現しています。

◇復元処理には、メモリを多く使いますが、三角関数や平方根などのコストの高い演算は不要。

ハード化(FPGA)は可能です。GPUでは、3枚でHD60Pの処理の目処がたっています。

Product_detail_1000234395_1472444688

製品・サービスの詳細

処理前(撮影画像)

Product_block_1000234395_1472444909

処理後(復元画像)

Product_block_1000234395_1472444965

処理前(撮影画像)

Product_block_1000234395_1472446237

処理後(復元画像)

Product_block_1000234395_1472446265

処理前(撮影画像)

Product_block_1000234395_1472446643

処理後(復元画像)

Product_block_1000234395_1472446663

この出展品に関する、その他関連キーワード

ダウンロードコーナー

Btn_contact_s

Btn_file

工業系・取引先検索サービス

Btn_contact_m

Btn_file

eEXPO担当者

Noimage

開発・技術

J-GLOBAL関連情報

("リアロップ"の論文検索結果)

loading...