Btn_contact_s

Btn_file

【神崎裕次】
放射能測定技術の第1人者
⇒ 特に、シンチレータ関係放射能応用製品に対する技術は国内随一

製品・サービスの登録業界

この支援内容に関する強み(技術・製品リソース)

1.放射能測定器のWiFi応用技術における技術支援

支援内容の詳細

・放射能測定器のWiFi応用技術における技術支援

支援実績

1.外資企業R&D(研究所)での実績
 外資系企業R&D時代は、半導体材料の基礎研究と有限要素法の一体化研究、それに基づく応用研究などを行っていました。
 
【特筆する研究成果】
○新規樹脂材料の開発(熱硬化性から可塑性材料まで) →  基礎物性のCAEへの構築
○新金属材料の開発 → 基礎物性のCAEへの構築
○射出成型の流動解析ソフトの開発 → 流動解析の世界初モールドフロー解析ソフト開発
○高伝導材料の開発 → 純胴に近い導電性スプリング材料の開発
○デュラゴールドの開発 → 金の代替素材の開発
○金メッキ封し材の開発 → 薄膜金のポーラス(穴)封し材料の開発
○PI(ポリイミド)と銅合金の複合材料の開発 → スパコン用高周波伝送材料の開発
○スーパーコンピュータの27層基板実装技術の開発 → 低温半田(180℃)から高温半田(400℃)素材の開発、水素還元下での実装技術の開発
○高速プレスの開発(ギア方式による7000spm)
○IEEE実装技術メンバー

2.国内企業R&D(研究所)での実績
 国内系企業R&D時代は、外資系の高周波用基礎研究に基づきLED素子研究から光学設計、光伝送技術、自動車(ハイブリッド車)実装技術などを行っていました。

【特筆する研究成果】
○半値幅の狭いLED素子の開発 → 脳の血流に流れるヘモグロビン色の分光技術を使った製品開発
○携帯電話・パソコン・液晶テレビへのLED光学設計 → プリズム導光板の開発
○車のスピードメータへの光学設計による3次元導光板の開発  → 国内自動車メーカ採用 
○光通信用光導波路の開発  → ハイビジョン放送用光通信の開発
○ハイブリッド車実装技術の開発 → 自動車メーカ採用
○移動体感知センサーの開発  → 各自動車メーカ向けなど

3ベターウエイ株式会社での実績
 福島原発事故後、放射線センサーの非営利団体を立上げ、また2011年7月に ベターウエイ株式会社を仙台市に設立。LED特殊照明の企画開発・製造・販売から放射能測定器の開発製造販売、半永久保存可能なDVDの共同開発・販売、木造建築のタブレット端末による3DCAD構想など、行っています。最近はスマートフォンへの応用或いはWiFiクラウドを使った製品・開発などを行っています。

【特筆する研究成果】
○災害用LEDの開発  → 自治体、一般消費者向け
○食品用放射能測定器の開発  → 食品選別用
○放射能測定器の開発  → 仙台市
 これらの研究開発に対しての受賞
 平成24年 GoodDesign賞受賞

4.東北経済連合会のコーディネーター
 平成24年度からは、東経連ビジネスセンターの事業化コーディネーターとして新事業開発・アラ イアンス助成事業案件の審議などを行っております。

5.公益財団法人 仙台市産業振興事業団関係
 平成24年度に宮城県の中小企業支援として、その中小企業の技術支援活動などを行っておりま  す。

この出展品に関する、その他関連キーワード

Btn_contact_s

Btn_file

工業系・取引先検索サービス

Btn_contact_m

Btn_file

事務局

Webサイト

J-GLOBAL関連情報

("東経連ビジネスセンター"の論文検索結果)

loading...